2019年2月4日月曜日

側近は優遇する文在寅政権

「10・30(元徴用工が原告の最高裁判所の判決)では、文在寅大統領も与党(共に民主党)も『司法を尊重する』という立場を明らかにしていました。


しかし、身内が逮捕されたら与党は判決を不服として、『裁判官を弾劾する』と言い出したのです。これでは、李明博、朴槿恵の保守政権と何もも変わりません。ある意味韓国らしい大統領です。もはや、進歩・革新の仮面をつけた、ただの傲慢な権力者でしかないと言えます。

韓国政府恒例の身内贔屓

インターネットで不正に世論操作を行ったとされた一審裁判で、文大統領の最側近といわれる金慶洙現慶尚南道知事に懲役2年が言い渡され、金知事は法廷で拘束されました。


与党は実刑判決が出るとすぐに「これは裁判所の要職を掌握しているヤン・スンテ(前最高裁判所長官)の一派が組織的に抵抗している」(中央日報2月1日)と「判決不服」を表明し、緊急会議を開くと、「司法ろう断勢力および積弊清算対策委員会」を立ち上げたのです。これはつまり、朴槿恵前大統領時代に元徴用工裁判を遅らせるなどの職権乱用で逮捕された、ヤン・スンテ前最高裁判所長官の報復を、裁判所がしていると言うのです。


さらには判決を下した裁判官を「弾劾すべき」とまで踏み込み、こうした与党の過剰な反応にメディアは保守・進歩系問わず一斉に猛反発し、世論を巻き込んで論争になっています。


このような行動は、司法権の独立に反し、先進的な国家にふさわしくありません。韓国は、前からこのような傾向はありましたが、今回の件も海外からの信用を大いに損なうであろう大きな問題です。

政権継続も危ういか?

韓国は日本に依存している面も多いです。しかし、日本への対応は酷いです。いわゆる「元徴用工」をめぐる異常判決や、韓国駆逐艦による火器管制用レーダー照射問題などの「反日暴走」を繰り返しながら、誠意ある対応をしない韓国への対抗措置として、日本政府は「戦略的制裁」に乗り出しました。


日韓防衛当局間の交流縮小に加え、経済官庁も「特例」を順次取り消していくという。まさに、「真綿で首を絞める」作戦といえそうです。


さすがの日本もここまでやられたら、反撃を行わざるを得ません。日本はこれまで韓国に対しては、割と軟弱な対応でした。


しかし、政権維持のために反日を利用されればたまったものじゃありません。政権が不安定になればなるほど反日政策を進めるわけですから、今は正にその状況です。最後の砦の反日も、ついには反撃を食らうこととなり、政権継続も危ういかもしれません。


いくら交渉が大事といえ、話にならなければ、力で決めるしかありません。ここで言う「力」は交流の縮小や経済制裁などです。我慢し続けて爆発するよりも、時々制裁を加える方がよっぽど平和的に物事を進めることができるのではないでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

新潟で震度6強の地震(2019年6月18日) 各地の震度、津波注意報について

気象庁は6月18日22時22分ごろに、新潟県で最大震度6強の地震が発生したと発表しました。 震源地は山形県沖でマグニチュードは推定6.8。新潟県下越で震度6強、山形県庄内で震度6弱が観測されています。 この地震により山形県・新潟県・石川県に津波注意報が発表されました...