2018年12月13日木曜日

ソウシハギ フグ毒の50倍の毒を持つ魚

カワハギに似ていると言われる(私は全然似てないと思うが...)ソウシハギが間違えて販売され、食べてしまうという事件がありましたが、健康被害は無かったそうです。


ソウシハギは、パリトキシンというフグ毒の50倍の強さの毒を持っている場合があります。

もっとも、保有する毒の量は少ないので、フグの方が被害は多いです。


また、無毒の個体も多いので、食用にされる例もあるそうです。


​ソウシハギとカワハギ
​ソウシハギ:

          カワハギ:



こちらは実際に販売されてしまったソウシハギです。こうなってしまうと見分けが付きにくいのも理解できます。全体的に細長いのと、顔や口の部分が長いのが特徴的です。


毒を持っている魚の特徴を知っておくべきですが、売っている魚がまさか毒を持っているとは誰も思わないでしょう。


私は釣りをするので、フグやソウシハギを見ることはよくあります。釣れた場合は他の無毒の魚と間違えることなくリリースしますが、これらがスーパーで加工された状態で売っていれば、あまり疑うことなく買ってしまうことでしょう。


普段魚をよく見る人でも気付かないものを見分けるというのは難しいです。


そのため、魚を加工する人たちは今後このようなことがないように、加工する前にしっかりと見分けなければなりません。


また、普段日本の食の安全が水際で守られているということも忘れてはなりません。


0 件のコメント:

コメントを投稿

新潟で震度6強の地震(2019年6月18日) 各地の震度、津波注意報について

気象庁は6月18日22時22分ごろに、新潟県で最大震度6強の地震が発生したと発表しました。 震源地は山形県沖でマグニチュードは推定6.8。新潟県下越で震度6強、山形県庄内で震度6弱が観測されています。 この地震により山形県・新潟県・石川県に津波注意報が発表されました...